ドラマ『白日の鴉』。
読んだ方が良かったかなーと思いながらだらけて観てたのだが。
最後、益岡さんが白衣をスーツに着替えて・・・このシーン。
このシーンのために撮ったんだな撮りたかったんだなと。
わるくなかった。

しかし寺尾聰な。陸王から異様にわしん中でブームなのな。むかしはきらいだったのに。
だらけて自分勝手だけどでけるおっさん(すばらしきヒーローや善人やなく)役やったら最高。

元気がなかったりくじけそうになったとき、

そんなときはレミゼの民衆の歌(とそれをモチーフにしはったあの舞台を思い出しながら)!

式守伊之助・・・ちょっとかわいそう。

と思うのはNHKプロフェッショナルを観て肩入れしすぎているせい?

いや、そりゃ(ほんまやったら)悪いねやろうけど。

相撲しかない、こんだけ身削って仕事している、それが・・・と。

うーん、やっぱ肩入れか。でも。

映画『ヤクザと憲法

これ本当に面白かった。

本当によかった。

東海テレビさんに敬意を表して。

よく撮ったなあ。

よく撮れたなあ。

ちゃんと残したなあ。

ガッツと背中をおしてもらえた。

敬意。

youtu.be

 

SWITCHインタビュー 達人達(たち) アンコール「古坂大魔王×田原総一朗

あーおもしろかったー。

「本音」

田原総一朗のゆーことがいちいちうれしくて

ジャーナリズム、書くこと、人と人、姿勢、

「これでええんや!」と背中をおしえてもらえたような。

超・共感&GO!

そしてそして田原から本音を熱く引き出して

おもしろかった!と言わせた古坂大魔王、このひとの力も!

ぶれない。芯がある。あたまいい。あつい。

おもしろかった。

NHK『志村けん in 探偵佐平 60歳』

子供の頃神様みたいな存在だった志村けん

が、だんだんと

視聴者が志村けんで観たいことと

志村けんがやりたいことってちゃうんかな

と次第に思い出していて

今回も、とくに。

いや、これはNHK「LIFE」絡みの企画なんだろーけど。

ちょっととほほだったな。哀愁。これぞコメディアン。の。

東西笑いの殿堂

米團治が直前の中継の市馬師匠とやるネタかぶったからと

急遽『茶漬間男』をかけるという様が生放送だから生放送で。

このネタにしたのはこちらも直前出た円楽の例の事件をおちょくって。。。

・・・ってどうなん?

すごい安いというか媚びているというかかっこわるいと思った米團治

すげー媚びてる。

そんなんでええん?

あ、若い頃からそんなんか。

みっともないなー。

しかも正月に生放送でやるネタかそれ?

たいしてレベルもたかくなかったし。

とほほすぎた。