大衆演劇の名を語る暴走アカウントがまた暴走してる・・・
こんな役者の気持ちも業界の事情も他のお客さんの気持ちも何も考えず
自分の理想を正義であり絶対であると押し付けているにも関わらず
SNSのいいねとRTでさも自分が正しいことをしている世のため人のため広めていると
大きな勘違いをしている人が「大衆演劇」の名を語りインターネットの世界で発信を続けている。
大衆演劇の名をかたりながら今日も・・・
すごく怖いし、
業界に関わる者としてもファンとしても情けなく見ていられないし、
けれどどうすることも出来ず歯がゆい。
だから大衆演劇がバカにされるんだよ、こんなひとがいるから、かたっているから。
あなたやそのまわりやそれに近い大衆演劇SNSファンのその行動は
広めるどころか足を引っ張り、
知らないひとたちから大衆演劇はこんなファンがいる大衆演劇はやはり下等なもの
あほなファンが熱が入って入れ込んでしまうその程度のものと思われるんだよ。
真面目な顔で発信している人もそう。一度冷静になって考えてみてほしいとほんとに思う。

しんどいなーとおもたときは動画でトミーズの漫才をみるさいきん。

くっだらない(褒め言葉)

これたぶん昭和の笑いよなー、けどげらげら笑う。

たぶん台本通りきっちりやってる。

といっても台本ないと笑いとれないんじゃなくて実力ある。

あうんの呼吸を自然にでける。

本田センセーかな、村上センセーかな、ちゃんと書いてる、すぐわかる。

それがしっくり、浮かず、一緒んなって笑いになってる。

好きです。

いや、いっちゃん好きなんはカウス師匠やねんけどな。真逆(?)かな。

なんでみんな自分の嫌いなものをそんな悪口言って排除しようとするの?

そうしないと自分の好きなものの凄さは語れないの?

(特に、大衆演劇かいわいのひと)

映画「後妻業の女」

えー。

私的にはぜんぜん。

この監督才能ないんちゃうか。

とまで思ったが人気で実績ある監督らしいし。

えー。

軽くコミカルに。がいいのかな。

原作黒川さんのはきっとがっつりハードボイルド。

だけどきっと一般向け映画として軽く、なのかな。

個人的にはハードでが好きだからピンとこなかったのかな。

出演者はみなさすがのコミカルおもしろ演技だったけど。

原作読んでみたほうがいいな。うん

あとね、私は素直でいたいと思います。

思い込みとか決めつけとか

人が言ったことを疑ったり否定するんじゃなくて

まず受け入れてみる、やってみる

そうじゃないと自分の世界が広がらないし

狭いところで勘違いしちゃうししょうもないおもしろくないもったいない成長しない

 

嫌われたりいやな目にあったり落ちたりしても

人の悪口は言わず群れず利用せずにいる

心汚くなく生きるようにする

しんどいけど

これモットー

力のなさを実感している。

いや人にメールやライン返さない失礼な人たちだということはさておいても。

そんなに私の言動には力がないかな。

まーそんなもんかな。かなしいな。

おおきなおせわなのかな。自分の理想郷の中で楽しく楽しくやってるひとには。