読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エントラップメント

最後ビルから飛び降りるときの肩にキス

 

鬼平の寒月

又五郎さんがまねきねこに髪をなでつけてもらいたいというシーン

 

こういうのが色気だと思う

芝居が好きだ

物語が好きだ

だからこそ「芝居(物語)が好きな自分が好き」にならないよう酔わないよう

謙虚に、卑屈ではなく謙虚に、厳しく愛をもって

だいすきです。

だいすきです。

だからがんばる。

だから生きる。

今の私はそれだけ。それしかないのです。

生かされ、生かす。

生かし、生かされ、生きている。

映画やDVDを観てて。
予告編やパッケージのキャッチコピーやあらすじが気に入らないことがほとんど。
なんか、ちゃうことない?
そこ? 取り上げるところはそこじゃなくない? いつも思う。
なんでやろう。私がずれてんねやろうか。

一時、演劇雑誌で芝居のあらすじとキャッチコピーを担当した。
紙面ページも、DVD化した際のそれも。
ほな、これも私、ずれててんやろか。

でも昨日書いた玉置浩二男はつらいよじゃないが、
大事なのはその物語の【ナカミ】(テーマ)やろ?
自分の好みや好きなところをピックアップして反映するんやなく
【ナカミ】をフィーチャーするのがその物語作品への向き合い方やろ?ちゃうん?

それとも私はずれてるだけなのか?

空前絶後の私的安藤昇ブームはまだ続いている

空前絶後の私的ショーン・コネリーブーム到来気配

『さらば友よ』で空戦絶後のチャールズ・ブロンソンブームが来たような

いやそれよりも大きそうな