みんな違ってみんないい。

いい悪いはない。

そんな中で私はと気付いた。

ストイックというとええように聞こえるからむずかしいが

私はストイックというか自分の世界入りっ放しの人というか自分の世界がある人が好きだ。

自分しかないものをな人。

きれいだったりうまかったり華やかだったり陽だったり…はいいとされるし好かれもやすいしそりゃあいい。

けれど私はもしかしたらそれ以上にそういうひとが好きだ。

そういう人=そういう表現者

芝居、舞台、芸、いろんなものを観てきて、いろんなひとを観てきて、

好きだ嫌いだいいな悪いな思ってきて、今回、ふと、気付かされた、改めて。

先月末、知人に誘われて意を決して7年ぶりに足を踏み入れたストリップ。

さらに同じ方から紹介されてまた意を決して行ったDX東寺。

カチコチに緊張しながら観た舞台、お目当てのお目当ての「アゲハさん」。

私はしあわせです。

やっぱり「光」なんだよ、性で生で、だからあったかいんだよ、やさしいんだよ。

こう思ったのはやっぱ間違いじゃないんだよきっと。

http://momo1122.at.webry.info/201711/article_1.html

ストリップに舞台と人生とこれからを改めて教わった。

アゲハさんの舞台に背中を押してもらった気がした。

わしもがんばる。書く。生きる。食う。みんなを文でしあわせにする。光をみせる。

浅葱アゲハが観たくて今日も行った!

「新作」を観た!

一昨日初めて行ったDX東寺。

このお姉さんの舞台は

今まで観てきた舞台や芝居の中で人生のベスト3に入ったと思い

泣く程感動し

翌日から生まれ変わったようになり

堪えきれなくなって今日も行った。

がんばる。私もがんばる。

もっとがんばる。ありがとう。しあわせです。がんばる。がんばる。

彼女が使っていた曲が気になって。

この曲のときに笑顔のアゲハさんに惚れてしまって。

調べてこの曲と知って、歌詞をみて、泣いた。

またちゃんと書く、Blogに、ここじゃなく、私のちゃんとしたBlogに。

がんばる。がんばる。ほんとうにありがとう。私も逃げずに生きる。

知ったかぶりも

評論家気取りも

断定も

書かない、書きたくない。

私の目からみた私の文を書く。

浅葱アゲハの『ひなげし』、最高だった。

今まで観た芝居や舞台の中で

「人生のベスト5」に入る舞台だった。

blogは稽古

blogは稽古

長いこと続けているからって

勘違いしないように

ネットの力で勘違いしないように

ネットという場に書くとい緊張感、精進の場

絶対完成させる原稿のために1歩1歩稽古

blogから稽古

そんなことどうでもいい。

相手がしあわせであればいい。

相手、出来ればまずなによりも先に先生の。

と、先生を含む、すべての皆の。

そのためには心狭くなく皆の心をとらえ考えねばならぬ。

まだまだ、私、器狭い。