しかしあの一番の盛り上がりシーンのココ!で

スローモーションでBGMカットインって手法、もうよくない?

なんかほかにないかなあ。

逆に安っぽくみえてきたような。

どうでもいいけど平井堅のノンフィクションが大衆演劇の芝居で使われるに100ポイント。

そうだ。

小さな巨人

私これ韓国ドラマで観たいんだ。

そういう空気の方がグッと空気感しまると思うんだ。

カットインで平井堅が流れてきたとき思わず口から「嫌ぁー」「やめてー」!

JINの感動をもう一度、

大和田常務をもう一度、

日曜夜に男受けする骨太系でがっちり勝算?

手塚とおるも居るでよー、

談春のかわりに昇太だよーん、

ヤスケン来てるでしょいいでしょいいよね、

ほらこれそこそこは数字とれるの作ったよ!

そうもうテレビドラマ界は必死なのよ今汲々なのよ、

でもこれこのチームで作ったからほら皆みたいような「作品」になったでしょ

・・・って思ったら違うのよね「ドラマのTBS」なのよね、ドラマの数字いいのよね。

 

そうかー、王道なるマンネリでも「作品」ならええんかー。

 

小さな巨人

 

香川は生理的に受け付けないし平井堅もういいんですけど(好きなんだけどね)

もうTBS22時代の太陽も見飽きたけど

まあ観れんことないから観るか

 

・・・って人のおかげで数字上がってるのかもTBS

 

『4号警備』、2話目。

あ、いいな、と思った。

リバース観たところだからか。

人の心の中、闇、同じくそういうの描くのでも

こちらのほうが。

なんでかな。でも。なんだか。

ストレートで青臭いけれど、けど。

(まあ結局は私の好みってことなんだろうが)

(そしてなんだかんだでいかにもNHK(のこの時間枠の)ドラマだなあって思ったんだが)

 

主演の男の子。

誰だ、変な顔だなーって思ってたけど。

なんでやろう、この子の台詞、ぽーんとこちらに届き響く気が。

前回と今回、「あ。」ってメモしたくなる台詞が二つ。おお。

おもしろい。

『リバース』

なんか、なんかもう、「もういいかな」で。

なんだかものすごく作り手の自己満足と自己陶酔を感じて。

なんか、なんか、そんなんで。

 

THE モノローグ役者な藤原竜也のもじもじうじうじ陰にこもったキャラ

なんか最近闇っぽいじめじめねちねちダーク路線させられる武田鉄矢

 

人の心のナカミどろどろ闇をえぐって描く湊かなえ・・・

も、なんだか自己満足と自己陶酔が勝つように見え、

(でもこれ「文学」だよね、ホント「作家」だよね、いい意味で)

それを作品としてドラマ化するということの

姿勢と出来具合(すごく完成度高い)にも自己満足と自己陶酔を感じ、

そんなドラマ初回が飛ばしまくり飛ばし過ぎででもすごく完成度は高く

作り手側の並々ならぬ気合いを感じて・・・

 

で、「もういいかな」「もういいんちゃう?」「もうええやん」、ねえ?と。

f:id:momo11227674:20170414202656j:plain

f:id:momo11227674:20170414202710j:plain

 

めちゃくちゃ良かった。今の私には本当に沁みて背筋伸ばさせてくれた。