芸をみるとか言うてる人ほど役者が好きで役者が好きだと思われている私が芸をみている芝居が好きとか言うてるひとほど役者しか見ていない芝居が好きすぎて役者が許せない私は嫌われる

一之輔はすごく好き。前から好き。今も好き。 だからこそ悲しいし、嫌だし、情けないし、悔しい。 疑問。(たぶんもう観ない)

NHK「落語ディーパー」 この番組、全然粋じゃないと思う。 初回から疑問を感じながら観ていたが昨日でもう限界。 評判はいい?!?!らしい。 けれど私には合わない。 落語の魅力を深く紹介??え?出来てる??ほんとに?? 能書きばかりで1本まるまる流さ…

NHKノーナレ「元ヤクザ うどん店はじめます」 しみじみ良かった。

わかった。 わかってないけどちょっとわかった。 時代もあるけど時代じゃない。 芸は50を越えてから。 男(色気)は50を超えてから。 ・・・・・・ってのは「生活=人生=舞台」な大衆演劇・旅芝居だからこそ、 こそ、こそ、あるんじゃないか? 20年前の芝居…

なんやろうな、 昔の役者(今の座長たちの父世代)のが 味があるねん、個性があるねん、魅力があるねん。 今は・・・。 つまりそれは彼ら役者たちのせいではなく 私たち客席の客のせいと「時代」のせいなんだ、きっと、絶対。 でもそれが悪いことかというと…

昨日から20年前~10年前の大衆演劇・旅芝居の芝居の映像を観ているんだけど。 なんでこんなに面白いんだろう。 いや、びっくりしたことに、 別にこの頃の役者(つまり今ベテランと言われているひとたち)も 別にうまい訳じゃないのよ? 座長大会の芝居とかで…

私は「おはなし(物語)」が好きやねん。 私は「人間」が好きやねん。

今やろうとしているのは大衆演劇・旅芝居の芝居まとめ。 新作やオリジナルじゃない、ふるーい芝居たちの。 外題は違うが同じ芝居のまとめや 私が知る限り(古い役者さんたちに聞いたネタがたまってきた)の 「いつ作られたか」「何から作られたか」まとめ。 …

映画『凶悪』、 良かった、凄く良かった。 胸が悪くなった、正直目を背けたシーンも数回あった、 けれど最後まで観た、釘付けになった、観てよかった。 本当に良かった。 完璧(に近いもの)を作れた作品ではないか。 ピエール瀧。神。 リリー・フランキー。…

必ず。絶対。

いい芝居いい映画を観るとモチベーションが上がるというかがんばらななーという気分にさせられる。 ほんものをみると。

やっぱあの世界ではファン気分の抜けないプロ気取りの文の方がウケるんかなあ。 もしくは知ったか能書きブロガーの能書き文か。 わしみたいのんは「好きー」「楽しいー」なファンからしたら要らん文なんかなあ。 でもそれでも書く、書かなあかん、書きたい。…

落語死神、やはり好きだ。すごく好きだ。落語THEMOVIE死神、嫌じゃなかった。てか喬太郎師匠出てきた瞬間キャーと叫んでしまった。今死神をやるとなるとやはり喬太郎師匠だと思うのだ。私が好きだという理由だけではなく。映像、変じゃなかった。今まで違和…

北の蛍がトリってのはどうかなーとは思ったけど。

きのうの森進一の北の蛍よかったなー。

「なかったことにしない」 「みないことにしない」 「みてみぬふりをしない」 知る知らない関係なく事実現実はある。 なら見ておき知っておかなくてはならない、知りたい見たい。

心きれいな人間となり 心の文を書く。

心きれいな人間となる。

畜生。焦る。焦る。 あかん。焦ったらあかん。 もっと貯える。ナカミを深める。1歩1歩。 頭と心と体ひとつにして心のことばが頭通さず出るように。 心きれいな心の人間になれるように、そうして書けるように。 呑み込む。精進。

メモ。考。 大衆演劇の小劇場化。 (小劇場の大衆演劇化もあるけれど)

34歳、54歳、74歳

だから、会えるときに会っておくんだ。 人間なんて明日どうなるかわからないのだもの。 一緒に歩く、一緒の空気を吸って、同じ時間を過ごす。 そうして学び、体から入れ自分のものにして、いつか、いつか。 師。誰がなんと言おうと私にとっては大切な大切な…

『海に生きる男』(澤村系)と『佐渡情話』(大川系)。 (さいきんは森川でも新作(じゃないけど)として出してるらしいが) たぶん大元は一緒や。と、今気づいた。 海にしとくか佐渡おけさをモチーフに入れるかという「飾り」の違いだけで。 元は近江系と…

あのね、大衆演劇、旅芝居 それは生活なの、人生なの、生きることそのものなの 客席という場所で高みの見物でいい気持ちになってる能書きお客さん カシコ系気取り、知ったか気取りのお客さん どうかどうかどうか好き勝手なことを言わないで わかったようなこ…

「いい芝居見せてやるよ」 その一言でなんでも出来る、わしもがんばる、生きる。

まだまだ勉強。もっともっと。 マダマダ軽い本当に軽い、薄い。 なのにすぐええカッコしたがるカシコそうに見られたい俗な欲や 他人と比較して自分が凄いと思われたいなんてアホな欲にとらわれる自分がまだ居る。 そうじゃない。 それじゃいけない。 それじ…

のーがきたれたくないんだよね。 カシコぶってカシコそうにわかったようなことをわかったように言いたく書きたくないんだよね。 ちゃんと知ってちゃんと理解してちゃんとあったかく皆にわかる言葉で。 「人間」を。

芝居ってなんやろうね。 舞台ってなんやろうね。 人間って、生きるって、なんやろね。ほんまにね。

これまで私が一番好きだったのは 落ちぶれた国定忠治が主人公の芝居 (「旅鴉 日光の円蔵と国定忠治」「旅の末路」「やくざの末路」「ある男の詩」などの名で出される芝居) 落ちぶれてはいる、けれど、でも・・・。 〝矜持〟 だから。 だから今一番好きなの…

OSAKAディープ!「人生の交差点 西成」 うーーーーーん。 そうじゃないんじゃない? でもテレビでやる以上はこうしか出来ない? だめですね。なにもつたわらない。軽い。ざんねん。

なんで押し付けるんかなあ自分の好みや感想を。 そんなに自分は見巧者だと思ってるのかなあ。 さいきんTwitterを中心に湧いてきている「自称観る目ある大衆演劇ファン」 とても無粋。かつ迷惑。質が下がってるなあお客の。

今日は池上遼一の『BEGIN』①②巻を読めたから良し。

今季ドラマ。 『ごめん、愛してる』 なにこれ韓国版瞼の母ですか。 このご都合主義はわざとやってますか。 こんだけご都合主義を横行させといてって自覚はきっとあるねやろうから それを越える何を見せてくれるのだろう・・・と信じてみてみていい? しかし…

ちゅーか『孤狼の血』映画化なんや。 するとずっと思ってたけど。 役所広司か・・・。 うーん・・・。

「合理的にあり得ない 上水流涼子の解明」(柚月裕子) ・・・テレビドラマ用かな? なにか出版社の大人の事情で、だから軽く楽しくな今作になったんかな? ちょいと残念。 私が柚木裕子に求めるものは・・・なんだけど。

↓こういう精神が原因ちゃうのん、大衆演劇が低俗だとみられるのは!みられ続けるのは!

某劇団のショーに絶句。 ブルゾンの物真似、しかも自虐ネタ(客がつかない、モテないなど) 安易で(しかも完成度低い)、媚びているのに自分を卑下して笑いを取る。 それでいいん? それがおもしろいん? でもお客さんは大喜びしていた。 あ、ならいいん? …

人間が描かれているか、どうか

二郎さんと早乙女さんの寿司と天ぷらギリヤークひふみんの最後の勝負ひかりと人物学者日野原先生と桃紅さん宮沢りえ72時間のトラック編 さいきん観たドキュメンタリーで、ふ、と、残ったもの

「誰かを愛するということは、決意であり決断であり約束である」 アドラー。 痺れるね。

戯作三昧

芥川の命日

満島ひかり×海部陽介 これを「感性」を言うのだろう。

人間の本質

フィールヤング最新号 16年ぶりの新作続編『後ハッピー・マニア』。 作者の勝手な都合でキャラを不幸にしてはいけないよ。 酷いよ。高校時代のバイブルだったんだよ。 酷いよ。今更。

「古典だってねえ、腕がある人がやれば通用するの」 『タイガー&ドラゴン』芝浜の回より。 さらっと深いことを言ってくれる、クドカンは、うれしくなる。

柚月裕子『検事の本懐』 良かった。 柚月裕子はホントに良い。

でもやっぱショーン・コネリー。 たまらなく好きである。

スティーブ・マックイーン。格好いい。 シンシナティ・キッドんときとこれでドボン。