本当は物語(おはなし)が好きなのだけれど

舞台(芝居)はどうしても作り手の目線でみてしまうから

物語(おはなし)よりもそちらが気になって仕方ない。

映画(特に洋画)ではそういうことよりも物語(おはなし)に入れる。

いい意味で国が違うことの少し距離感ゆえ?

なのでいい稽古になっているような。

 

台本を書く(物語(おはなし)を書く)よりも

人間を書く(エッセイ・コラム・読み物)のが面白いと気づき

それで食うててもっと食うて獲ってこうとしている人間が

そうして物語(おはなし)に浸り「人間」をみる。

いい意味で距離感のある物語(おはなし)の中で中から「人間」に触れようとする。

きっと昔からそうしてきたことを今改めてし直そうとしている。