倉科遼ケン月影の『荷風になりたい』。

どうなんやろうね。

ありはありなんやろうね、そこそこ。

企画しましたッ!ってのが先にみえて

だからそういう目でみるからあかんのかもしれないけれど

でもみてしまうよね、

でもそういう目でみていい風にとるとなかなかというかいかにもというか

じゃないかと思ったりしてる。