人生の果てしなさと儚、儚さと果てしなさを時折思い呆然とし立ち止まる