そっから入って、背伸びしてかっこつけてるうちにだんだんと

まあまあなんとか様になってくる・・・ってこともあるだろう。

模倣、「学ぶは真似ぶから」みたいに。

けど私は「ナカミ」からだと思うの、

ナカミを深めながらそのナカミから出る言葉で、

その言葉がちょっとかっこいいもの綺麗なものがすっと自然に出るように・・・

そうなれば一番ええと思ってるの、

そのためにはナカミを磨いていかないと