本、漫画、舞台、映画・・・

これまで私の感性を培ってくれた、

私の中に入れていた。

これからは「出す」ために読む、観る。

「出す」、書くために、私の書き方で、あの作品を。