読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨夜のクロ現、高齢者の性について。

おじーちゃんもおばーちゃんも恋したらいいと思う。
おおきいものであれちいさいものであれ。
悪いことじゃない、恥ずかしいことじゃない。
影響力のあるひとがそう提唱したらいいと思う。
そう提唱するひとが出てこないかなあと思う。
じゃあおじーちゃんたちおばーちゃんたちも「悪いことじゃないんだ」って
自信とまではいかずとも否定されない安心感にひたれ、進めると思う。

死と隣り合わせだからこそ
老いた男は最後にもう一度だけでもと求める。
自分が男だということいや生きていると自覚
老いた女は体の問題で「したい」とは思えなくなっても
「精神的な触れ合い」みたいなものは求める。

気持ち悪くない。
生きてるんだもの。
人間なんだもん。
そりゃ、繋がりたいやん、心で、体で。
自分はまだ生きてる、自分はここに居ていい、肯定し・されたいやん、
歳かさねたら、若い頃よりさらに、いや若くないからこそ。

でもね、「ここ」です。

恋し、「選ばれ」、成就するのは、誰でもかれでもない。
それが恋やん、恋愛やん。
セクハラしてるじーちゃん、嫌がられるのは年寄だからじゃないで、あなたが魅力ないと彼女に思われたからやで。
恋するなら、モテるように、がんばれ、生きろ。
チャラい格好せえって言うてるんやない、老いても自分なりの方法で自分を磨いたらいいやん。
それ、生き甲斐になれへん?
精神的なつながりを求めてるばーちゃん、
ならそれ求めるだけじゃなく誰かにその精神的なつながり、自分なりの方法で与え?

命みじかし、恋せよ年齢関係なく、年齢重ねても。
重ねても、重ねたから、生きているから、生きてたいから。

 

60代なっても70代なっても魅力あったら20代で30代でも本気で惚れるで。

経験者語る。