でもやっぱショーン・コネリー

たまらなく好きである。