新感線の『髑髏城』は97年のが一番好き。

劇団の事情やいろいろもわかる。

大きくなり売れてうれしい。

けれどこの作品は97年のが一番、一番、好き。