意識高い気取りの実はただのミーハーなファンたちよりも

本当に旅芝居を愛する異国の先生の方がずっと義理人情に厚かったと思った。

うれしかったしたのしかった。