三山ひろしの『男の流儀』は

なんか軽くして演歌味にした『時代おくれ』みたいですね。

いや時代おくれのすごさにはぜったいにかなわないけどもさ。